message|ごあいさつ

地域経済の発展と共に、私たち小林興業株式会社は地元の水道関連業者として
創業以来成長し続けることができました。
これもひとえに多面にわたるご指導、ご鞭撻をいただきました多くのお客様のおかげによるものと深く感謝致しております。
目まぐるしく変化する経済環境のもと「お客様のニーズに的確に応える」ことを
最優先に土木事業をはじめ、環境事業など多方面の分野へと更なる躍進に向け日々努力を続けております。
常にお客様に満足いただける信頼ある企業であり続けることを信念に、社員一丸となり邁進してまいります。

小林興業株式会社
代表取締役 小林英彰

会社概要

商号 小林興業株式会社
許可番号/群馬県知事 許可(特-28)第19717号
本社

〒373-0073 群馬県太田市緑町1965 TEL.0276-37-6068(代) FAX.0276-50-2901

太田支所

〒373-0062 群馬県太田市鳥山中町1082 TEL.0276-50-2900 FAX.0276-50-2901

大泉支所

〒370-0523 群馬県邑楽郡大泉町吉田2065-1 TEL.0276-57-8435 FAX.0276-57-8436

事業所

【栃木工場】(飲料水製造販売)
登録/栃木県指定安保 第50000647号

〒326-0844 栃木県足利市鹿島町33-1 TEL.0284-65-0584 FAX.0284-65-0068

【介護事業部】

デイサービス指定番号/1070302151
有料老人ホーム指定番号/1070302854
〒376-0001 群馬県桐生市菱町1丁目350-1 TEL.0277-46-8856

ヘルパーステーション指定番号/1070302144
ケアプランセンター指定番号/1070302755
〒376-0001 群馬県桐生市菱町1丁目993-10 TEL.0277-46-8200 FAX.0277-46-8201

【不動産事業部】
免許証番号/栃木県知事(1)第4947号
〒326-0844 栃木県足利市鹿島町33-1 TEL.0284-65-0067 FAX.0284-65-0068

【おうちの相談窓口事業部】
おうちの相談窓口 太田店
〒373-0813 群馬県太田市内ヶ島町339-1 TEL.0276-55-0997 FAX.0276-55-0998

創業 1991年(平成3年)3月1日
資本金 5000万円
代表者 代表取締役 小林 英彰
従業員数 40名
保有資格 1級管工事施工管理技士1級土木施工管理技士1級造園施工管理技士1級建築施工管理技士監理技術者2級土木施工管理技士2級管工事施工管理技士2級建設機械施工技士給水装置工事主任技術者浄化槽設備士下水道排水設備工事責任技術者第一種電気工事士第二種電気工事士宅地建物取引士古物商許可証番号/群馬県公安委員会第421110264400号
建設業の種類 土木工事業建築工事業大工工事業とび・土工工事業屋根工事業電気工事業管工事業タイル・れんが・ブロック工事業鋼構造物工事業ほ装工事業内装仕上工事業水道施設工事業産業廃棄物収集運搬業解体工事業熱絶縁工事業塗装工事業
取引銀行 日本政策金融公庫(前橋支店)商工中金(足利支店)三井住友銀行(太田支店)群馬銀行(強戸支店)足利銀行(太田支店)常陽銀行(小山支店)

組織図

組織図
組織図

沿革

1991年 3月 小林興業として設立
1999年 5月 (有)小林興業に改組 資本金  300万円
2003年 2月 資本金 3000万円に増資
2005年 5月 資本金 5000万円に増資
2005年 8月 栃木工場(飲料水製造販売)を増設
2006年 8月 不動産賃貸業 (マンション等購入)
2007年 12月 ダイオーズ OCS東毛加入
2009年 3月 環境事業部設立
2009年 5月 太田支所を増設
2009年 5月 介護事業部設立
2011年 7月 太田市地域産業ものづくり研究機構指定工事者
2013年 3月 栃木工場を増設
2014年 8月 グループ会社にて不動産事業部設立
2014年 12月 環境事業部を増設
2015年 4月 有料老人ホーム開設
2016年 8月 10MWソーラー発電所完成
2017年 7月 大泉支所を増設
2017年 9月 おうちの相談窓口 太田店を開設

主な取引先

【小林興業株式会社】
群馬県・太田市・小泉北関東株式会社・冨士機材株式会社・ヤマトガワ株式会社・高島株式会社・オリックス株式会社・奥地建産株式会社・藤井産業株式会社・大東建託株式会社

【栃木工場】
株式会社ダイオーズジャパン・ヤマトマテリアル株式会社・ウォーターテクノス株式会社・株式会社ジャパンボトルドウォーター・環境向学株式会社・アムコン株式会社・一般財団法人日本食品分析センター

社訓

  1. 会社はファミリーであり一人一人全員が幸せになる義務がある。
    その為には一人一人が自己の能力を高め各人の業務に全力を発揮すべきである。
  2. 報・連・相を大切にし情報を共有化する事でお互いの力を合わせ総力で業務にあたる事。
  3. 目標に対しての実績を全員が周知し、常に達成すべく問題解決に全員で取り組む事。
  4. ムリ・ムダ・ムラを省き業務の標準化を実施し、日々改善に努める事。
  5. 小さな事を大切にする感性を一人一人全員が養う事。
ページトップへ